自作PCその1:高校生がコスパマシンを組むぞ!! ~波乱の初自作パソコン~

 

予算は6万円くらい(ディスプレイ代抜きで) キツい…

今は結構PC業界はアツいですよね~

CPUはAMD Ryzen が出てきたり、GPUはNVIDIAのRTXシリーズが発表されたり…

個人的にはzen2アーキテクチャの新しいCPU Ryzen 3000シリーズが一番気になってますね。

 そんなニュースを横目に、予算がそこまで出せない私はロマンが詰まったパソコンではなくコスパ重視のパソコンを組みました。(泣)  でも十分だけどね~

構成

  1. CPU RYZEN 5 1400 4C8T (中古) 8500円
  2. GPU Radeon RX570 (中古) 13500円 
  3. マザーボード Asrock AB350M-HDV  6500円
  4. RAM G.skill  DDR4 2400 4GB×2  8500円
  5. ROM SUNEAST 2.5インチ SSD 360GB 6500円
  6. 電源 Antec 80plus bronze 550W 4800円
  7. ケース sharkoon (訳あり展示品) 2000円

 

f:id:supermkyon:20181110150126j:plain

ケースはこんな感じ

 

f:id:supermkyon:20181110150140j:plain

なかなか良さげじゃない? (左上の青く光るケースファンも付属してきました。)

 

f:id:supermkyon:20181110151311j:plain

Ryzen カッコいい

f:id:supermkyon:20181110151301j:plain

なんとなく ASRock

f:id:supermkyon:20181110151237j:plain

Antecの評判はさておき、メーカー3年保証付きだったのでこれを購入。個人的にBronze認証が最低ラインです。


主要パーツは50000円強くらいで揃えました。グラボは新品買いたかった~

ちなみにドスパラで購入しました。モバイル会員になるだけで、パーツに1ヶ月の保証がつくので結構いいですよね。誤って壊したりしても、相性も保証してくれます。

値段からしたらなかなかのスペックになったんじゃないでしょうか?

これらに加えてキーボードやマウス、ディスクドライブやらを揃えて合計ざっと6万円くらい収まりました。

購入したあとに気づいたのですが、AB350M-HDVはTDP65WのCPUまでしか対応しておらず、更に7フェーズ電源らしく、OCする気満々なので少し心配です。

組み立て 

パーツが揃ったので早速組み立てです。

 

f:id:supermkyon:20181110152317j:plain

マザボ開封

f:id:supermkyon:20181110152722j:plain

CPU取り付け(AMDのCPUはCPU側にピンが付いています)

f:id:supermkyon:20181110152709j:plain

Ryzenのリテールクーラー Wraith Stealth 取り付け


ここで問題発生。

展示品で購入したケースにマザーボードを取り付けようとしたら、ネジが見当たりません。実は私、ネジはすべてマザーボードに付属していると思っていたのですが、調べてみるとネジはケースに付属しているらしいです。このケースには付属品がなかったのでネジを買いに行く羽目になりました。トホホ…


f:id:supermkyon:20181110150113j:plain

ついでに買っていなかったパーツをすべて購入。

ネジ500円くらいしました。結構高いです笑。

マウス・キーボード(もちろんメンブレン)が合計4000円くらいと、802.11ac対応Wifi子機が2000円、LG製DVDドライブが3000円くらいでした。

 

 組み立て再開

f:id:supermkyon:20181110152646j:plain

メモリをマザーボードに取り付けてからケースに取り付けてそこにGPUを刺す。

 

f:id:supermkyon:20181110152633j:plain

配線(やっぱりここは結構めんどくさいな)

完成!…?

早速HDMIを刺して、テレビ(仮)に接続。

起動。

あれ?

ファンは全て回っているのにBIOSが起動しない、っていうか映像が出力されない。

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

続く。

 

www.xn--l8jta4b1a8h2fokxk7gx184aeqxg.xyz