趣味があふれだすブログ

高校生が綴る、自由気ままなブログ。

ASRock の6000円台廉価マザーボード AB350M-HDV レビュー OCのポテンシャルはなかなか。

ASRockのB350チップセット搭載格安マザボAB350M-HDV

AB350M-HDVは倍率アンロック仕様でCPUのオーバークロックにも対応したB350チップセットを搭載しながらも、価格は6000円前後という超安価なマザーボードです。

シンプルなデザイン

 

f:id:supermkyon:20190228222331j:plain

あれどこかで見たk

黒基調の非常にシンプルなデザインになっています。

簡単な仕様

  • サイズはMicroATX
  • 電源はデジタル7フェーズ設計(ヒートシンクなし) 
  • 最大でTDP65wのCPUまで対応
  • PCIeスロットはx16とx1がそれぞれひとつずつ
  • メモリスロットは2つ
  • メモリクロックはDDR4 3200+ (OC)対応
  • m.2スロットが一つ(SATA or PCIe x4)
  • LANはRealtek製
  • SATAポートは4つ
  • USBは 3.1 Gen1 が4つ、2.0が2つの計6つ(フロント除く)
  • 映像出力端子があるのでAPUにも対応

ざっとスペックを見ても、必要最低限の機能はすべて揃っています。

www.asrock.com

詳細はこちらから↑

ライトOCなら十分できる、この価格にしてはなかなかのポテンシャル

CPU

私の環境では、Ryzen 5 1400 を 3.75GHz、Ryzen 5 1600 を 3.825GHzで安定動作させていました。

VRMにはヒートシンクがなく、LLC機能もなくさらにBIOSのOC設定もCPU電圧とクロックしか指定できないため、オーバークロック向きではないですが、軽くクロックを上げたいなくらいに思っている方なら全然問題ないと思います。

メモリ

メモリも2933で安定動作することができていたので十分です。

メモリスロットは2つしかありませんが、RyzenのメインストリームCPUにおいては最大でデュアルチャネルまでの対応なので2枚を超えるメモリを刺しても高速化できませんし、枚数が増えれば増えるほど安定動作しにくくなってしまいます。そのため、メインストリーム帯のRyzenに3枚以上メモリを刺すことはもともと得策ではありません。

これらを踏まえれば、メモリスロットが2つしかないことはそこまでのデメリットではないように感じます。

総評

強いていうなら、BIOSの日本語が若干おかしかったのが難点でしたがアップデートでそれも改善され、この値段からしたらほぼ死角のないマザーボードと言えるのではないでしょうか。

ただ、もう2000円くらい出せば、ASRockのワンランク上のPROシリーズのマザーボードが買えるので、そこは悩みどころですね。

マザーボードにお金はかけたくないけど少しオーバークロックしてみたいって人にはおすすめのマザーです。映像出力端子もあるため、とくに Ryzen APU なんかを検討されている方にもおすすめです。

閲覧ありがとうございました。

こちらの記事も是非! 

www.xn--l8jta4b1a8h2fokxk7gx184aeqxg.xyz