趣味があふれだすブログ

高校生が綴る、自由気ままなブログ。

AMD Ryzen 向けの光るメモリ Trident Z RGB F4-2933C16D-32GTZRX を買ったら Samsung B-die だった!

 ソフマップでセール

世間はプライムデーで賑わっていたようですが、ソフマップでも対抗して同時期にセールをやっていました。

Trident Z RGB の16GB二枚組、2933C16のRyzen向けモデルが約17000円に値下げされていたので思わずポチってしまいました。

www.links.co.jp

開封

f:id:supermkyon:20190728095649j:plain

かっこいい梱包

f:id:supermkyon:20190728095658j:plain

f:id:supermkyon:20190728095712j:plain


実は開けて初めて知ったのですが、Trident Z RGBのアルミヒートシンクって表が黒、裏がグレーで色が違うんですね。てっきり両面とも黒かと思っていました。どっちの色もかっこいい!

装着

f:id:supermkyon:20190904142303j:image

起動っ

電源ポチッ

f:id:supermkyon:20190904142437j:plain

☆キラキラ☆

すごくきれいです。どうしても写真だと伝わらないのですが、とても美しくなめらかに光っています。

スリープ時は常時点灯

仕様かどうかはよくわかりませんが、スリープ時は初期設定の虹色に光っています。設定で消せるかもしれませんが、特に困ってはいないので、放置です笑

シャットダウンすればちゃんと消えます。

CPU-Zでメモリ詳細確認したら…

まあ、クロックもそこまで高くないモデルでCL16だしチップは Hynix C-die 辺りだろうと思っていたのですが、なんと、Samsung製チップでした。 (大歓喜)

f:id:supermkyon:20190721144907p:plain

CPU-Z

ただ、デュアルランクだったのでクロックはあげにくいかもしれません。

オーバークロックレビューはまた後日 Ryzen 5 3600 を購入予定なのでそのときにします。

更に詳細を知るために Thaiphoon Burner で仕様確認

f:id:supermkyon:20190804090418p:plain

んっ?

なななんと… 驚異的なOC耐性でおなじみの Samsung B-die でした。

17000円で32GBの Samsung B-die これは大当たりを引いてしまったかもしれません笑

マザボのRGB制御アプリとG.skill純正RGB制御アプリの干渉

私の使っているマザーボード X370 Gaming M7 ACK は RGB制御機能 MSI Mystic light sync に対応していません。

でも、このメモリは何も設定をしなくてもデフォルトで虹色に光る仕様で、私はその光り方が好みだったので何もいじらずそのまま使おうと思っていました。

ところが、電源を押して起動直後はちゃんと虹色に光るのですが、windowsにサインインした途端にピタッと色の変化がとまってしまいます。

仕方なくG.skill製のRGB制御アプリを導入して使おうと思ったのですが、設定してもなぜか反映されません。

嫌な予感がしてMSIの旧世代マザボのRGB制御 Gaming APP を開いて見たらRGB制御の項目にDRAMが追加されていました。光らせ方のバリエーションは少ないですが、どうやら Gaming APP でもDRAMのRGB制御ができるみたいです。おそらく、G.skillのRGB制御ソフトとマザボのRGB制御ソフトの干渉が原因でうまく制御ができてなかったんだと思います。

結局、一旦 MSI Gaming APP をアンインストールすると、全く問題なくG.skillのRGB制御ソフトが使えました。

f:id:supermkyon:20190905140008p:plain

G.skill Royal Lighting

X.M.P ワンクリックで安定動作 

さすがはRyzen向けメモリ、あの第一世代Ryzen上でもX.M.Pを適用するだけでサラッと2933mhzで動作しました。

f:id:supermkyon:20190905134930p:plain

タスクマネージャー

(速度の表示が半分ですが、最近のアップデートで実クロックが表示されるようになったんだと思います)

見た目良し 性能よし Ryzen公式対応で安心

さすがはG.skill、金属製のヒートシンクもRGBライティングもかっこよく、わたしのPCも一段とにぎやかになりました。

せっかく Samsung B-die を引いたので Ryzen 3600 を購入したらOC検証もしていきたいと思います。

 

閲覧ありがとうございました。