趣味があふれだすブログ

高校生が綴る、自由気ままなブログ。

なんと!ツクモ決算セールで MSI X370 GAMING M7 ACK を10000円で購入

ツクモの本決算セール

名古屋のツクモで2/28に決算セールがやってるという情報がツイッターで流れてきたので、ふらっと立ち寄りました。

すると、お店に入ってすぐのところに在庫処分セールの特設商品棚がありました。おっと思ってそこを見てみると、X370やB350などRyzen旧世代マザボがズラリ。(確かZ390もおいてありました)どれもだいたい6000円~10000円で売られていました。

在庫処分ということで、一部開封品もありましたがほぼ新品ばかり。

そしてこれらの中でも一際目を引いたのが、ASRock X370 Taichi と MSI X370 GAMING M7 ACK です。(どちらも割とハイエンドってのもそうですが、私がWIFIほしいっていうのが惹かれた理由としてはでかいです)

なんとどちらも税抜き9980円で売られていました。(゚∇゚ ;)エッ!? 信じられない価格ですよね笑

なにせ、その傍らで中古の X370 Taichi が12800円で売られてるんですから笑

Taichiと M7 ACK で悩む

個人的にASRock推しなのでTaichiがほしいと思っていたのですが、GAMING M7はTaichiより

  1. 半年くらい遅く発売されていて、
  2. 更にいたるところが光り、
  3. 巨大なM.2ヒートシンクもあり、
  4. Killer製LANカードが別でついてきて汎用性が高い

ということで後者の方が優位性に分があったのでこちらを購入してしまいました。

 

いきなり MSI GAMING M7 ACK 開封 

f:id:supermkyon:20190310120206j:plain

パッケージはこんな感じ

f:id:supermkyon:20190228222238j:plain

パカっ

f:id:supermkyon:20190228222254j:plain

二段目

付属品は、SATAケーブル4本とドライバDVD、Killer 1535 Wifiキット(他のマザーでも使用可)、SLIブリッジ、金属製MSIステッカー、スポンジ付きIOパネルとあとは説明書類といったところでしょうか。

さすが、定価3万ということで作りがしっかりしています。もちろんIOパネルもスポンジ付き。

 

次回以降の記事で組み付け後の様子や使用感などをレビューしたいと思います。