Xiaomi の最新スマートバンド Mi Band 4 international version ファーストインプレッション

今回は、ファーストインプレッションということで、注文・開封・簡単なスペックの確認と、第一印象という流れで紹介していこうと思います。

後日改めて詳細レビューも執筆予定です。

初めて中国通販で買い物

私は中国の通販サイトBanggoodでグローバル版を購入しました。

配送方法は追跡付きの中では最も安い 国際小包(Air Parsel Register)を選択しました。

着弾

3週間くらいはかかるのかなと思っていたのですが、10日で届きました。その時その時の状況に左右されるのだとは思いますが意外に早かったです。急ぎじゃないなら高い配送方法を選ぶ必要はなさそうですね 。

f:id:supermkyon:20190721132054j:plain
f:id:supermkyon:20190721132106j:plain
梱包が騒々しい

写真の通り、奇跡的に箱の変形は殆どありませんでした。

左側の写真を拡大していただけるとわかると思いますが、どうやらスイス経由で送られてきたようです。(いくら最安ルートとはいえどんだけ遠回りなの…)

開封!

内容物のチェック 

f:id:supermkyon:20190721133651j:image

箱の中身は至ってシンプルで、Mi Band 4 本体・専用充電器(USB-A)・多言語対応(日本語はナシ)の説明書が入っていました。

グローバル版は技適アリ→日本国内でも展開予定?

f:id:supermkyon:20190721172444j:image

なお、日本ではまだ販売されていませんが、グローバル版はしっかり技適も通っているようです。一つ前のモデルは日本で正式販売されていたので、こちらのモデルもゆくゆくは日本で販売するつもりなのでしょう。絶対とは言い切れませんが、個人輸入が心配な方は国内での正式販売を待ってみてもいいかもしれません。

簡単なスペック

  • 重さは22.1g
  • ディスプレイは0.95インチでカラー有機EL(AMOLED)
  • Bluetooth 5.0 に対応
  • 3軸加速度センサーと3軸ジャイロセンサーを搭載
  • 5気圧防水
  • IOS 9 以降 及び Android 4.4以降のスマートフォンに対応

さらに詳細なスペックは、英語になってしまいますがこちらのリンク(Xiaomiのホームページ)から御覧ください。

https://www.mi.com/global/mi-smart-band-4/specs/

触ってみてすぐに気づいた点・第一印象 

安物感が一切ない

f:id:supermkyon:20190722203257j:plain
f:id:supermkyon:20190722203305j:plain
外観

画面のベゼルがシームレスでゴテゴテした感じがなく配色や丸みを帯びたフォルムを含め非常に統一感のある外観です。

角度によっては多少ベゼルが見えることもありますが普段は全く気になりません。

シンプルで直感的なUI

ソフトウェアがよくできていて操作性は非常にいいです。

タッチガラスがトゥルントゥルン

画面が非常にトゥルトゥルで、指の引っ掛かりが一切なくストレスフリーです。

軽い

20gちょいということもあって非常に軽いです。一日中つけてても全く苦にならないです。ここが少し大きくて重い、普通のスマートウォッチにはない強みだと思います。

画面が想像以上にに明るい

画面の明るさは5段階で調節でき、想像以上に明るいです。私は5段階中の4で常用しています。明るさの自動調節がないのは少々残念ですが4000円にそこまで求めるのは酷かもしれませんね笑。

試しに曇り空の下で使ってみましたが視認性は抜群でした。真夏の炎天下だとまた変わってくるとは思いますが…(汗)。これについては使ってみて追記します。

いい製品の予感 

まだ使用し始めて間もないですが、これは非常に良い製品だと感じました。

最初にも書いてあるとおり一、二週間使用して詳細のレビューを上げようと思っているのでよければそちらの方もご覧になってください。

また、Xiaomi製ウェアラブル端末とスマホをリンクさせるための純正アプリ Mi Fit についても個別で記事を書こうと思っています。 

 

閲覧ありがとうございました。